kindleと猫と写真とか。

【20年9月3,4週】ミニストップの焼鯖押寿司が美味い【1週間日記】

1週間日記、副題をつけようかなと思ったりしました。これも気まぐれなので何時まで続くかはわかりません。
日記自体は書きたいんだけど、何処まで日記で何処まで記事みたいなのが結構フワフワしています。
記事にまとまらんかったけど、書きたいこととか書けば良いのかな?
そもそもまとまっている記事とは?弊ブログにそのような物は…。

続きを読む

【水道橋~茗荷谷】『蒲団』散歩【文学散歩?】

今回は田山花袋の『蒲団』を久しぶりに読んだので、散歩に出ました。
『蒲団』に関する散歩部分は茗荷谷編を見てね。

『蒲団』て何?


雑に言うと嫁も子供もいる良い年こいた作家が、若い女性を住み込みの弟子を取って惚れて、弟子は他に彼を作ったので、キレた作家は実家に帰し、作家は弟子が寝てた蒲団の匂い嗅ぎながら泣くって話です。きっちー。
気になったら青空文庫から無料で読めるのでどうぞ。

何でそんな限界勘違いおじさん構文みたいなのが名を残しとんねん?って言うとまぁ、文学史的に価値有る作品だからなんですね。
諸説あるのですが、この『蒲団』が”私小説”、つまり作家が作者の経験を元に、性もない話を書いてもええんやで!みたいな風潮の始まりになったとされているのが主な理由です。今のエッセイの祖先の祖先みたいな感じ?エッセイはノンフィクションなんでちょっと違いますけどね。
各方面に怒られそうな説明ではありますが、このくらいで良いでしょ…。研究者でもあるまいし。

前置きはこのくらいにして、散歩に行きましょう。

散歩編

水道橋~茗荷谷

f:id:nosutoradamu:20200923233511j:plain

水道橋。ここから歩きましょう。
最近散歩が多いのは写真が楽しいのと、ひとえに痩せたいからです。

f:id:nosutoradamu:20200923233944j:plain

水道橋から芳文社の有る方に出ましょう。
芳文社と言えば何を連想しますか?

 

 

 

 

 

 

まんがタイムきらら?はいオタク。

 


解体屋ゲン?ネットに汚染されすぎているのでは???

ちなみに私はゆるキャン△でした。最近ようやくアニメ見たんですけど良すぎて終わってしまった。残業後に観ると効く。

観ると言えばヴァイオレット・エヴァーガーデンの劇場版ですね。私はハンカチ2枚水没させたので皆さんも観る時はハンカチを持っていきましょう。
ハンカチ持っているオタク、かなりレアリティが高いと思います(偏見)。
Netflixでも見れますが、映画館の大画面にあの美しい顔面と背景が映るのは相当な破壊力があるので映画館で観ることを推奨します。

あんな事件があったのに…という眼鏡を通して見そうな自分が居ますが、逆に失礼な気がするのでそうしないよう努めています。
その眼鏡を通さなくとも、素晴らしい作品なので。

 

f:id:nosutoradamu:20200923234020j:plain

トウキョウドームシティ! やきうをしているようで人民が居ました。

f:id:nosutoradamu:20200923234040j:plain

f:id:nosutoradamu:20200923234058j:plain

私はドームを通るだけなので…ハイコントラストモノクロは楽しいものがあります。
こういうの撮ると本当にGRのレンズは歪みねぇな…(レ)と思います。

f:id:nosutoradamu:20200923234117j:plain

こいつ幾つか見たけど何?信号機???

f:id:nosutoradamu:20200923234133j:plain

商業施設にジェットコースターぶっ刺さってるの。何時見てもやりたい放題だなーってなる。
大阪にも似たようなのがありましたね。フェ…フェスティバルゲー…うっ頭が。

f:id:nosutoradamu:20200923234208j:plain

ジェットコースターが丁度来て悲鳴が聞こえてきました。
コロナ対策のため無言で乗ったりしてるのかな~とか思ってたので安心しました。

f:id:nosutoradamu:20200923234150j:plain

は…春日駅…。
まさかの新刊出ますね。エンドレスエイトでももうちょっとスピーディーだったよ?流石に嘘かもしれん。
あれリアタイ勢だったのですが、友人達が次々脱落していった記憶があります。私も。安倍首相=谷川流説好き。

f:id:nosutoradamu:20200923234234j:plain

こうやって偏りを修正しているんですね~。
充電とブレーキとサドル出せる限界が個体差有りすぎて何とかならんか?という気持ちが有ります。

f:id:nosutoradamu:20200923234307j:plain

未来を教授いただけるのですか!?
1年後に急騰する株の銘柄とか。ロト6の番号とかをお願いします。
にゃんこいの2期が何時来るかもお願いします。

f:id:nosutoradamu:20200923234314j:plain

神社に釣られて曲がってしまった。

f:id:nosutoradamu:20200923234330j:plain

何処にあんねん

f:id:nosutoradamu:20200923234346j:plain

道のつきあたりまで行って曲がるとこう。何処にあんねん。

f:id:nosutoradamu:20200923234403j:plain

さらに道なりであった。

f:id:nosutoradamu:20200923234419j:plain

f:id:nosutoradamu:20200923234434j:plain

狛犬?と牛。牛は力強いので好きです。美味いし。
狛犬って犬ぽくなくない?毛並みは豊か。でも日本犬て毛長いイメージ無い…このイメージは何処から来たんだ…?

f:id:nosutoradamu:20200923234451j:plain

こんな事を書かなくてはいけない時代か。
ところで巫女がご理解を求める相手って我々ではなく、神なのでは?

f:id:nosutoradamu:20200923234525j:plain

そこそこ長い階段を降ります。この倍くらいある。

f:id:nosutoradamu:20200923234543j:plain

出口。牛天神。牛がメインらしい。

f:id:nosutoradamu:20200923234600j:plain

木が気になるお年頃。

f:id:nosutoradamu:20200923234607j:plain漫画も気になるお年頃。

f:id:nosutoradamu:20200923234615j:plain

謎スピード感。急ブレーキではない。

茗荷谷『蒲団』編

前提!

 小石川の切支丹坂きりしたんざかから極楽水ごくらくすいに出る道のだらだら坂を下りようとしてかれは考えた。

引用元(田山花袋『蒲団』-青空文庫)

そういう事です。ここを探しましょう。

f:id:nosutoradamu:20200923234639j:plain

目的地についた。

f:id:nosutoradamu:20200923234655j:plain

中学校の横の道。

f:id:nosutoradamu:20200923234711j:plain

この切支丹屋敷に繋がる坂を切支丹坂と言っていたらしい。

 切支丹坂の場所は多数あり、[1]どの坂が真の切支丹坂か、未だにわかっていない。

-中略-

しかし、天保時代の地図を見ていると今の庚申坂の坂名が「キリシタンザカ」と記されている。そのため、庚申坂が真の切支丹坂と言われている。[要出典]

切支丹坂 - Wikipedia

てなわけで。

f:id:nosutoradamu:20200923234908j:plain

極楽水はこの辺。

f:id:nosutoradamu:20200923234743j:plain

ここが当時の切支丹坂。

f:id:nosutoradamu:20200923234726j:plain

奥に電車置き場?があり、好きな人は好きそうな景色。

f:id:nosutoradamu:20200923234759j:plain

一旦下まで降りました。
「だらだら坂を下る」とは一体?

f:id:nosutoradamu:20200923234833j:plain

段差はそうでもないので割と上がりやすい。これで段差伝わるかな?
歩きやすい靴を採用しています。散歩どころか走っているので…。

f:id:nosutoradamu:20200923234924j:plain

結局さっきの中学校の道まで上り坂。正面の道に入り極楽水を目指しましょう。

f:id:nosutoradamu:20200923234940j:plain

f:id:nosutoradamu:20200923234956j:plain

お、おぉ…やんわりとした下り坂だ!(電子水準器で水平取ってます)

つまりこの辺で主人公は居なくなった女弟子の事を考え始めたんでしょうね…。
本当に何もないただの通りなのですが、そこで思い出し始める辺り執着の強さを感じさせますね…ウーンきつい。
良い思い出だったよ…みたいな意のことも最初に書かれており、はちゃめちゃ思い出を美化させようとしている感を出していたのですが、思い出し始める道の何もなさを見ると、より強調されますね…。

単なるきつい勘違いおじさんの話みたいな言い方をしていますが、当時の文壇ではこの作品の影響は大きく。
この”女弟子”のモデルと言われた人は後々「私はそういうふしだらな女では有りません!」って主張する文章を出したりするんだけど、この作品のイメージを拭い去れないまま終わってしまったりします。
当時の社会背景とかもぼちぼち考えながらこの作品を読んでみると違ったきつさが見えてきます。きついことに変わりはないよ。

f:id:nosutoradamu:20200923235013j:plain

坂が急になりつつ極楽水へ…って言いたいだけど、マンションが有り入り方がわかりませんでした(大敗)。

f:id:nosutoradamu:20200923235049j:plain

これは詫びの猫。
はー可愛い。昨日の夜中部屋に来て、朝まで一緒にベッドで寝ていました。

f:id:nosutoradamu:20200923235030j:plain

近くにあった啄木終焉の地。看板一枚あったきりです。
彼も大概クズ科クズ目クズ属なので調べてみると楽しいです。
な~にが母の軽きに散歩歩まずじゃ。

f:id:nosutoradamu:20200923235117j:plain

茗荷谷駅の近く。鬼滅の刃の主人公こんな名前でしたね(全部読んだ)。

f:id:nosutoradamu:20200923235102j:plain

鉄道模型売ったら何も自分のものを持たなくなった旦那の話を思い出して俺は泣いた。
お姉さんも目頭を抑えていますね。おそらく同じことを思い出したのでしょう…。

こうして私の旅は終わったのでした…。
何か都内舞台の本読んだらまた聖地巡礼したいかもしれない。結構楽しい。

【読書記録】『雨の日も神様と相撲を』読んだ

皆ご存知?城平京さんの著作です。

雨の日も神様と相撲を (講談社タイガ)

雨の日も神様と相撲を (講談社タイガ)

 

 ↑これやで(西濃)

 城平京さん、最近は『虚構推理』の原作として有名なのかな?アニメ化もしましたし。
個人的にはスパイラルとヴァンパイア十字界の印象が強い。ガンガンの民だったので。

『虚構推理』は未だ漫画しか読んでいませんが、明らかに面白いので読んだほうが良いです。ヒロイン、ヨゴレみたいな言動してるけど魅力的。
ヒロインの可愛さが伝わりやすいのは鋼人七瀬 編以降の短編集寄りになってからかもしれない。

そんなこんなで作者買いした『雨の日と神様と相撲を』ですが、良かった…。

本の本題

あらすじ

両親に相撲をばっちり仕込まれた体の小さな少年、文季が両親の死をきっかけに叔父の住む田舎の村に引き取られた事から話は始まります。
その村では相撲好きなカエルが神として祀られており、事あるごとに相撲が行われています。そんな村で「お嬢さん」と呼ばれる少女…。彼女は文季が村に向かう際に見かけた娘でした。片手で原付を持ち上げている姿を。バケモンか?

そんな彼女からのお願いは何と…神様であるカエルに相撲を教え、真っ赤な外来種のカエルに勝たせて欲しいというものでした。
文季くん、相撲に関しては体が無い分、技術と知恵があります。心技体の心技だけある。

同時期、村にはもう一つ不思議な話がありました。
トランクケース詰めの遺体が発見され…そのトランクケースには真っ赤なカエルが入っていたのでした。
この推定殺人事件を調査しているのが文季を引き取った叔父です。
思わぬ関連性が見えてきた依頼と事件、文季はその両方を解決するべく…。

というお話です。

感想

あらすじ読むとミステリっぽいですね。
実際にミステリでは有るのですが、個人的にはミステリを土台にしたボーイ・ミーツ・ガール作品だと思っています。

作品のキーワードとしては「相撲」「カエル」「殺人」「青春」みたいになるんでしょうか。最後まで読むと、どう見たって結びつかないこれらの要素が無駄なく配置されていたことに気づきます。
正直序盤ちょっと主人公の理屈っぽさが鼻につく人もいると思うので、何とか乗り越えて欲しい。
でもラスト70ページくらいの色んな謎が一気に明かされ、読者が気づいてない裏の話すら説明されていくところの勢いは最高でした。
謎が解けていくのが最高ってやっぱミステリやん?って思うけど読めばわかるから!ボーイ・ミーツ・ガールの青春物だから!

今年読んだ中で一番の時速を感じた…って言おうとしたけど悩んでいる。『ずうのめ人形』読んでなければ胸を張って言えていた。そのレベル。

しかも読後感めっちゃ良かった。城平京作品だぞ、俺は裏切られるとばかり思っていた。
感覚的には、特殊能力のない『虚構推理』って感じでしたね。
一見意味のわからない怪異と人と関わり合いの裏にそれぞれの思惑があって、それを知ると全てが一貫していたことに気づく感じ。構成が上手すぎる。

漫画版もあるでよ

漫画版が今連載中ですので、小説はちょっと…て人には漫画をおすすめします。お嬢さんが可愛い。城平京原作の漫画作品、だいたい絵にも恵まれている印象。多分3巻、多くて5巻くらいでまとまるんじゃないかな。